TOP > サロンでは永久脱毛はできません

サロンで脱毛施術をするときには、同じ処理をするのであれば2度と生えないようにしたいと考える人も多いでしょう。
一般的に永久脱毛という言葉を聞くと、永遠にムダ毛が生えてこないと感じてしまいますが、定義としては処理が完了してから1か月後に毛の再生率が20%以下の状態のことを指すと決められています。

毛の再生率が20%以下であれば、永久脱毛であると定義付けがされていますので、毛が全く生えてこない状態になるわけではありません。

脱毛が最近こちらで話題になりました。

脱毛施術を受けることができる施設としては、サロンとクリニックがあります。

サロンで行われている施術は、光を使用したものでIPLとSSCに分類できます。



IPLはメラニンの色に反応する光を照射して、毛根にダメージを加える方法となります。



SSCは施術の前にジェルを塗って、そのジェルに反応する光を照射して抑毛作用をもたらす施術です。

サロンでの施術は光の照射が弱いために、永久的な効果を得ることができません。長期間にわたってムダ毛が生えてこないようにするためには、クリニックで行われているレーザー施術を受ける必要があります。

レーザー施術は医療行為となるために、クリニックだけに行うことが認められており、サロンではレーザー施術をすることはできません。レーザー施術であれば、毛根と毛乳頭に確実にレーザーを照射して、毛根を破壊できるために高い脱毛効果を得るための施術となっています。

クリニックでは高い出力のレーザーを使用していますが、医師が施術を担当しますので安全性が高い点も特徴となります。

Copyright (C) 2016 サロンでは永久脱毛はできません All Rights Reserved.